調剤報酬

調剤後薬剤管理指導加算の算定要件(糖尿病の調剤後フォローアップに対する加算)

調剤後薬剤管理指導加算

こんにちはヤクタマです。

2020年の調剤報酬改定で「調剤後薬剤管理指導加算(調剤後フォロー加算)が新設されました。

平たく言うと、糖尿病患者を電話で服薬フォローすると算定できる点数です。

地域において医療機関と薬局が連携してインスリン等の糖尿病治療薬の適正使用を推進する観点から、医師の求めなどに応じて、地域支援体制加算を届け出ている薬局が調剤後も副作用の有無の確認や服薬指導等を行い、その結果を医師に情報提供した場合について新たな評価を行う。

点数

調剤後薬剤管理指導加算 30点

算定要件
  1. 地域支援体制加算を届け出ている保険薬局であること
  2. インスリン製剤・SU剤を使用している糖尿病患者であること
  3. 新たに糖尿病治療薬が処方されたもの又は糖尿病治療薬に係る投薬内容の変更が行われたものに対して、調剤後に電話等で服薬フォロー
  4. 患者・家族または保険医療機関の求めがあり、患者の同意を得ること
  5. 指導内容を医療機関に提供

2020年(令和2年)の調剤改定では他にもいろんな加算が追加になっているので別記事でまとめています。

調剤報酬改定
【2020年】調剤報酬改定まとめこんにちはヤクタマです。 2年に1回の調剤報酬改定の時期がやってまいりました。 すでに点数も発表されたので、今回の改定は「プ...
そういえば、

いつもチェックしている薬剤師の情報サイトで、いまだけ3000円分のポイントもらえるキャンペーンやってます。無料登録するだけなので、かなりオトク。

もらった3000円をamazonギフトして参考書を購入すればレベルアップできる。

算定要件の原文

地域支援体制加算を届け出ている保険薬局において、インスリン製剤又はスルフォニル尿素系製剤(以下「糖尿病治療薬」という。)を使用している糖尿病患者であって、新たに糖尿病治療薬が処方されたもの又は糖尿病治療薬に係る投薬内容の変更が行われたものに対して、患者若しくはその家族等又は保険医療機関の求めに応じて、患者の同意を得て、調剤後も当該薬剤の服用に関し、電話等によりその服用状況、副作用の有無等について患者に確認し、必要な薬学的管理及び指導(当該調剤と同日に行う場合を除く。)を行うとともに、保険医療機関に必要な情報を文書により提供した場合には、調剤後薬剤管理指導加算として、月1回に限り30点を所定点数に加算する

なお服薬情報等提供料は算定できない。

糖尿病患者に対する調剤後のフォローアップに係る要件(イメージ)

糖尿病患者に対する調剤後のフォローアップに係る要件等(イメージ)

出典:中医協資料

地域支援体制加算が算定要件

地域支援体制加算を算定していない薬局の皆さんゴメンナサイ。調剤後薬剤管理指導加算は算定できません。

そんなあなたは「服薬情報等提供料」を算定しよう。

服薬情報等提供料1 30点

保険医療機関の求めがあった場合において、患者の同意を得た上で、薬剤の使用が適切に行われるよう、調剤後も患者の服用薬の情報等について把握し、保険医療機関へ必要な情報を文書により提供等を行った場合に月に1回に限り算定する。これらの内容等については薬剤服用歴に記録すること。

服薬情報等提供料2 20点

患者又はその家族等の求めがあった場合又は薬剤師がその必要性を認めた場合において、患者の同意を得た上で、薬剤の使用が適切に行われるよう、調剤後も患者の服用薬の情報等について把握し、患者、その家族等、又は保険医療機関へ必要な情報提供、指導等を行った場合に算定する。保険医療機関への情報提供については、服薬状況等を示す情報を文書により提供した場合に月1回に限り算定する。これらの内容等については薬剤服用歴に記録すること。

どちらも情報提供を評価するものですが冒頭が違いますね。誰のもとめによって情報提供するかによって「1」と「2」を使い分けます。

20~30点とれるから似たようなもんですよね。

糖尿病薬とは

とりあえずインスリン自己注射もしくはSU剤が対象です。

なぜインスリンとSU剤だけが対象なのかという中医協の資料▼糖尿病調剤後フォローアップ

出典:中医協資料

インスリン・SU剤が重症低血糖の原因になりやすいからです。

糖尿病について詳しく学ぶなら「糖尿病薬ガイド(定価800円)」が安価なのに内容が充実していてオススメです。

こちらは日本糖尿病学会が総力を挙げて編集・執筆したガイドブックです。日本糖尿病学会はいい仕事してますね。

他の各学会も協力してぜひ800円シリーズを作って欲しい。

患者の同意を得て、調剤後も電話等によりその服用状況、副作用の有無等について患者に確認

調剤後に糖尿病薬の副作用やら服薬状況やらのフォローTELをすることで加算がとれます。

加算をとるためには必要なものは2つ

  • 患者若しくはその家族等又は保険医療機関の求め
  • 患者の同意

この2点ですね。勝手に電話してあとで加算というわけにはいきません。

電話「等」で確認するとあるので、必ずしも電話である必要はありません。訪問したっていいんだよ。

もしくは、メールやLINEでもいいのかもしれません。最近は処方箋送信アプリにフォロー機能がついているから、それでもいいのかもしれません(まだ不明)。

処方医に情報提供

服薬フォローの結果がどうであれ医療機関に情報提供しないと点数は加算できません。

「電話したら問題なく飲めてましたよ~」的な?

なにもないのに報告するのってなんか気恥ずかしいよね。

服薬情報等提供料は同時算定不可

似たような意味合いの加算だから、同時算定できません。

地域支援体制加算を算定していない薬局の場合は、投薬後フォローで情報提供したときは「服薬情報等提供料」を算定するといいです。

服薬情報等提供料1 30点

保険医療機関の求めがあった場合において、患者の同意を得た上で、薬剤の使用が適切に行われるよう、調剤後も患者の服用薬の情報等について把握し、保険医療機関へ必要な情報を文書により提供等を行った場合に月に1回に限り算定する。これらの内容等については薬剤服用歴に記録すること。

服薬情報等提供料2 20点

患者又はその家族等の求めがあった場合又は薬剤師がその必要性を認めた場合において、患者の同意を得た上で、薬剤の使用が適切に行われるよう、調剤後も患者の服用薬の情報等について把握し、患者、その家族等、又は保険医療機関へ必要な情報提供、指導等を行った場合に算定する。保険医療機関への情報提供については、服薬状況等を示す情報を文書により提供した場合に月1回に限り算定する。これらの内容等については薬剤服用歴に記録すること。

どちらも情報提供を評価するものですが冒頭が違いますね。誰のもとめによって情報提供するかによって「1」と「2」を使い分けます。

薬剤師のレベルアップに役立つ便利なサイト

無料」で使えて、3000円分ポイントもらえる、とにかくハイクオリティな医療系の情報サイトがあるから紹介しちゃいます。

そのサイトが「m3.com」です。

医療系ニュースをまとめて読むことができて、毎日の情報収集がとにかく効率的にできます。

毎日、スキマ時間にスマホでチェックするだけで新薬情報・業界の動向・臨床情報・調剤報酬改定の速報など、幅広く医療に関連するネタを収集できちゃいます。

し・か・も、

いまだけ3000円分のAmazonギフトと交換できるポイントがもらえる。

▼公式サイトにマンガで詳しい紹介があります。

要するに無料登録するだけで3000円の参考書が実質無料でゲットできるってコトです。

ニュース以外にも薬剤師コラムも充実してるから、ヒマつぶしに読むだけで勉強にもなっちゃう。

コラムで読んだ「薬局業務の効率化テクニック -今日から活かせる!業務ノウハウ-」これはマジで衝撃的だから、業務効率を改善したい薬局は必読の内容ですね。

▼詳細はキャンペーンページをチェックしてみて下さいな。

\無料登録で3000円分のギフト券GET/

m3キャンペーン詳細へ

薬剤師限定:2020年2月29日まで

3000円もらったら参考書代にしような。