新人薬剤師の本

新人薬剤師の勉強にオススメの本【漢方薬編】

漢方薬

こんにちはヤクタマです。

今回は漢方薬の勉強にオススメの書籍を紹介します。

漢方は奥深いから一冊では理解が追いつきません。初学からステップアップしていけるように順番に紹介していきます。

漢方以外のオススメ書籍は別記事でまとめています。

新人薬剤師の勉強にオススメの書籍新人薬剤師とブランク薬剤師が上手にステップアップしていくための本を紹介していきます。...

漢方マスターへの道は1冊にしてならず。

そういえば、

いつもチェックしている薬剤師の情報サイトで、いまだけ3000円分のポイントもらえるキャンペーンやってます。無料登録するだけなので、かなりオトク。

もらった3000円をamazonギフトして参考書を購入すればレベルアップできる。

よく出る漢方薬ABC

ヤクタマ
ヤクタマ
フルカラーでめちゃ読みやすいよ。

とりあえず漢方の勉強がはじめてで何を買っていいのかわからない人は1冊目これで間違いないです。

薬剤師むけの専門書籍にもかかわらず1200円(税別)と超リーズナブルで、それでいてフルカラー&イラストが豊富でめちゃくちゃわかりやすい。

タイトルどおりで「よく出る漢方薬」にしぼって解説してくれるから、現場ですぐに役立ちます。

せっかく勉強するならマニアックなところを学びたいという気持ちはわかるけど、それはしっかりと基本を抑えてから学んだ方が効率がいい。

というのも漢方薬は、基本の漢方に生薬を追加したり減らしたりして派生していきます。

とりあえず、この本で頻出漢方薬15種類をしっかりと学ぼう。たったの15種類とおもうけど、実際、臨床でよく見かける漢方薬なんてこんなもんだと思う。

そこからフローチャートで関連する類似漢方に派生していくから、この本で登場する漢方の数は15種類よりもっとずーと多い。

ケーススタディーもしてくれるから具体的な使用例もよくわかります。

漢方薬の本は「症状」ベースでそれに対処できる漢方を紹介していくものが多いけど、この本は逆で「漢方薬」ベースでその漢方で対処できる症状を紹介していきます。

つまり、紹介されている漢方薬の特徴がよくわかる。

最初は、漢方薬の特徴を深く知るために漢方ごとに紹介する本のほうがいいと思う。

この書籍は「レシピプラス」というシリーズなんだけど、そもそもレシピプラスが超オススメです。

他にも色々でてるから他の記事で紹介しています。

レシピプラス
薬剤師の勉強に「Rp.+レシピプラス」がマジでオススメ新人薬剤師の勉強にRp.+レシピプラスがマジでおすすめだから1冊ずつ紹介していきます。...

ねころんで読める漢方薬

ヤクタマ
ヤクタマ
ゴロゴロしながら読めるよ

研修医や新人ナースをターゲットにした本です。タイトルのわりに濃い内容です。

ただ「ねころんで読める」ってタイトルに偽りなくゴロゴロしながら読めます。なにせ本がA5判で160ページとうすくて軽いからね。

うすいからお値段もお手頃です。

この「寝転んで読めるシリーズ」はどれもわかりやすいから、どれ買っても外れません。漢方も例外にもれずに良書です。

内容というか、コンセプトはこんな感じ▼

これまであった漢方医学の教科書のように、概念的で小難しい漢方医学ではなく、直感的で論理的に理解できる漢方医学を届けたいという強い思いでまとめました。この本を通して、漢方医学を好きになっていただけたら最高に幸せです。どうぞ漢方医学を楽しんでくださいね。

内容紹介(amazon)

この本は、症例ベースで説明が進んで、それに使えそうな漢方薬を紹介してくれます。

目次の一部を引用するとこんな感じ▼

<各症状に効く代表的な漢方薬>
◆1. 風邪をひいたとき
◆2. むくみがあるとき
◆3. 下痢をしたとき
◆4. 便秘になったとき
◆5. 腰痛になったとき
◆6. 頭痛がするとき
◆7. めまいがするとき
◆8. 肝疾患(柴胡を含む処方)
◆9. 口内炎ができたとき
◆10. 月経に関するトラブル

うすくて気軽に読めるから2冊目として推奨。

超わかりやすい漢方薬のコラム

書籍ではないんだけど、いつも参考にさせてもらっている「m3.com」の漢方コラムが無料なのにめちゃめちゃ勉強になるので紹介しておきます。

こんな感じ▲にメジャーな漢方薬から順番に説明してくれます。

閲覧には「無料」の会員登録が必要になります。

ちなみに何だけど、いまだけ登録すると3000円分のAmazonギフトと交換できるポイントがもらえます。

勉強になるだけでなく3000円GETできるから、とりあえず登録だけでもしといた方がいい。

▼キャンペンの詳細

\無料登録で3000円分のギフト券GET/

m3キャンペーン詳細へ

薬剤師限定:2020年2月29日まで

新人薬剤師は絶対に登録しておきましょう。

症状・疾患別にみる漢方治療指針

ヤクタマ
ヤクタマ
漢方マニアになりたい方に

「たけーよ」

薬剤師むけの専門書籍です。444ページもあるから本気で勉強したい人しか買ったらダメ

薬局に届く無料雑誌の日経DIに連載されているコラムを書籍化したものなのでかなり読みやすい。

ただねー、ボリュームがありすぎるのが問題なんです。

いくら読みやすくても、この量は読まないよね。

漢方薬そのものの解説だけでなく「証」や「気」など東洋医学の考えについての解説が豊富なので、かなり実践的な使える書籍です。

漢方の処方は、患者の証(しょう)に基づいて決まります。
本書では、70種の症状・疾患別に、患者がどのような体質(証)に当たり、どの漢方薬を処方するとよいのかを、症例を交えて詳説します。個々の患者の証を的確に判断し、何を処方すべきかをわかりやすく導きます。

商品紹介(日経BP書店より)

これもあれだね、症例に対して漢方を紹介していくパターンのやつね。

147処方を味方にする 漢方見ひらき整理帳

ヤクタマ
ヤクタマ
漢方マニアに、オレはなる!!

保険収載されている漢方薬(飲み薬)って147種類もあるなんて知らなかったわ。

その全てを解説してくれる本は、間違いなくマニア向けです。

ぼくは147種類も解説してくれても覚えられないから、そんな要らないです。必要最低限でいいから、最初に「よく出る漢方薬ABC」を提案したわけ。

この本は「西洋薬と区別なく処方される存在として漢方薬を位置付けているサイエンス漢方処方」という新しい概念を提案してくれます。

この1冊で漢方薬の選び方・使い方がわかるようになるとのことですが、現場むけの本ではないね。

というのも選択肢147は多すぎます。これはマニアが使う数字であって147処方使い分けるのは一般的な医師には現実的ではない。

漢方専門医でもない限りマイナー漢方は使わなくていいので、まずはメジャー漢方を把握することが大切。

つまりマニアになりたいなら購入するといいでしょう。

現場で使える 薬剤師・登録販売者のための漢方相談便利帖

ヤクタマ
ヤクタマ
オススメしない本も紹介しちゃうよw

楽しみにして買ったのに残念だった本もあります。合う合わないがあるからね、みんなに合わないわけじゃなくって僕には不向きだったということで、一応ね。

電子書籍で買ったからKindleの表紙画像を写メりました。

わかりやすそうな表紙してるけどさぁ、中身は白黒だからね。

文字めちゃくちゃ小さいの。上下の余白は何ナノ?

電子書籍だから拡大できるけど、拡大するとスライドしないと読めないから超不便。

写真の中段が「麦門冬湯」、下段は「八味地黄丸」です。

何が言いたいかというと、1つずつの漢方薬の情報「すくなっ!!」しかも箇条書きで情報を凝縮してるため、ストリー性に乏しく、まったく頭に入ってこない。

無料でもらえるツムラの漢方手帳と同じくらいの情報量しかない。白黒で文字が凝縮されているから文字アレルギーの人には辛いです。

ぶっちゃけ、ぼくは文字アレルギーでるから、パラパラめくっただけで読んでいません。読んでないから参考にならないと思うけど、そんな感じ。

ヤクタマ
ヤクタマ
3ページでヤメた
薬剤師のレベルアップに役立つ便利なサイト

無料」で使えて、3000円分ポイントもらえる、とにかくハイクオリティな医療系の情報サイトがあるから紹介しちゃいます。

そのサイトが「m3.com」です。

医療系ニュースをまとめて読むことができて、毎日の情報収集がとにかく効率的にできます。

毎日、スキマ時間にスマホでチェックするだけで新薬情報・業界の動向・臨床情報・調剤報酬改定の速報など、幅広く医療に関連するネタを収集できちゃいます。

し・か・も、

いまだけ3000円分のAmazonギフトと交換できるポイントがもらえる。

▼公式サイトにマンガで詳しい紹介があります。

要するに無料登録するだけで3000円の参考書が実質無料でゲットできるってコトです。

ニュース以外にも薬剤師コラムも充実してるから、ヒマつぶしに読むだけで勉強にもなっちゃう。

コラムで読んだ「薬局業務の効率化テクニック -今日から活かせる!業務ノウハウ-」これはマジで衝撃的だから、業務効率を改善したい薬局は必読の内容ですね。

▼詳細はキャンペーンページをチェックしてみて下さいな。

\無料登録で3000円分のギフト券GET/

m3キャンペーン詳細へ

薬剤師限定:2020年2月29日まで

3000円もらったら参考書代にしような。