薬局ルール PR

薬剤師の転職「お祝い金」完全終了のお知らせ

薬剤師お祝い金
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

残念なお知らせです。

薬剤師の特権とも言える「転職ボーナス」がなくってしまいました。

ボクが、転職ボーナスと呼んでいるのは、転職したら「お祝い金 50万円」「転職支度金 60万円」あげます的なやつです。

怪しいけどホントにもらえました、昔はいい時代だったなー…( = =) トオイメ

タダでもらえるならもらった方がいい思考のヤクタマは過去に何度も頂いています(なんども転職してるw)

最高「60万円」もらったことあるので、これがなくなるのは痛いですねホント。

というのも、この「お祝い金」制度というのが2021/04/1から施行される「職業安定法に基づく指針が一部改正」によって禁止されることになったからです。

職業安定法に基づく指針が一部改正

「お祝い金」その他これに類する名目で、求職者に社会通念上相当と認められる程度を超えて金銭などを提供することで求職の申し込みの勧奨を行ってはいけません。

参照厚生労働省サイト内資料より

  • 求職の申し込みの勧奨は、金銭の提供ではなく、職業紹介事業の質を向上させ、それをPRすべき
  • 職業紹介事業者が、自ら紹介した就職者に対し転職したらお祝い金を提供するなどと持ちかけて転職を勧奨し、繰り返し手数料収入を得ようとする事例があります。このような行為は、労働市場における需給調整機能を歪め、労働者の雇用の安定を阻害する行為であり、行ってはいけません。

「お祝い金」「転職支度金」「転職準備金」などの名目に限らず、社会通念上相当と認められる程度を超えて金銭などを提供することで求職の申し込みの勧奨を禁止しています。

「社会通念上相当と認められる程度を超えて金銭」というのがいくらなのかわからないけど、サイトに登録したら「アマギフ2000円プレゼント」程度のものは継続しているところもあります。

ということは、薬剤師の転職ボーナスは0~2000円が相場になってしまったということです。60万円時代が懐かしい。

とはいっても転職する時は転職会社にお世話になることはかわりありません。

働きながら独りで転職活動するのは大変、お祝い金がなくても完全無料でサービスを受けられるから利用はメリットしかない。

お祝い金制度がなくなった転職会社は実力で勝負するしかないわけだから、いままで「お祝い金」をわたさずにサービス一本でやってきた会社が俄然有利ですね。

大手転職会社は以前から「お祝い金なし」でやってるので転職会社を選ぶなら大手転職を選べば間違いない。

大手には圧倒的な紹介案件がある、転職活動において案件の多さこそ正義。

ボクのイチオシは「ファルマスタッフ」です。

以前お世話になったときに、めちゃめちゃ親身になって対応してくれて最高の職場を紹介してくれました。

いまのところ転職予定はないけど次回するときも間違いなく「ファルマスタッフ」を使います。

圧倒的親切!案件数が豊富!

いまの薬剤師転職会社に求める条件はこれだけ!

ちな、ボクの転職ポリシーみたいなのは別記事で紹介してます。

転職するならヤクタマ経由でお願いします

もし転職計画があるなら当サイト経由してもらえると助かります。

ヤクタマが転職するときに毎度お世話になっているのが「ファルマスタッフ」ってサイトです。

転職サイトとしては忖度なしにヤクタマぶっちぎりでオススメです。

ファルマスタッフ1つ1つの就業先をキャリアコンサルタントが必ず直接訪問して職場の状況ダイレクトにリサーチ!

そのため、求人情報が他社よりも濃い!職場の雰囲気や経営状況、残業などの忙しさなどのリアルを踏まえて転職先を提案してくれます。

今すぐ転職を考えている方もちょっと考え中の方も利用できます。すべて無料なので登録するなら当サイトから申し込んでいただければ幸いです。

転職するときはお願いします!