医薬品情報

【薬剤師が塗ってみた】ミクロゲンパスタで眉毛の育毛にチャレンジ

ミクロゲンパスタ

こんにちはヤクタマです。

切実に、眉毛ハゲに悩まされております。

なにをかくそうね、ぼく片方のまゆ毛だけほぼありません。間違って剃ってしまったわけではなく、ここ1年で急激に薄くなって片方の眉毛だけ2/3ほど消滅しました。

片方の眉毛はちゃんと存在するから、不思議なんだよね。

すでに眉毛完全消滅までのカウントダウンが始まっているので、食い止めるために薬剤師の知識を総動員します。

ぼくが薬剤師になったのは、この日のためだったのかもしれない。なんかしらの手立てがあるハズです。

ということで、ぼくの眉毛改善プロジェクトはじめるよ。

眉毛の育毛大作戦

昔から薄かったわけではなくって、ここ1年で急激にハゲ始めたのは、激務とハゲ薬局長の嫌味が超ストレスになっているせいだとおもう。

上司が一人でハゲ散らかしてる分にはかまわないけど、他人に当たらないでほしいわ。

んじゃっ、作戦、行くよ!!

医薬品のまゆげの発毛剤(ミクロゲンパスタ)

ミクロゲンパスタぬる人生初の眉毛育毛スタートです。その第一歩が発毛剤です。

発毛剤といえば「リアップ」だけど、それは頭皮専用なので、まゆげには眉毛の育毛剤があります。

それが「ミクロゲンパスタ」です。

有効成分
  • メチルテストステロン
  • プロピオン酸テストステロン

2つの男性ホルモンが眉毛の発毛を促がし、あるいは生育を容易にします。いまのボクの現状はというと残ってる眉毛はちょっと引っ張っただけでも抜けてしまう、毛根が頼りない状態なのです。こいつで丈夫に育ってくれることを祈るばかり。

こちらは第1類医薬品ですね。薬剤師がいる時間帯に行かないと購入できない、ちょっと面倒くさいやつです。

しかも、薬剤師がいる時間帯にいっても、売ってないというレアな商品です。

調剤併設のウェルシアで薬剤師に「眉毛が生える塗り薬ありますか?」ってきいたけど「????」って感じで、まったく認知されていません。

あげく「リアップ」ならありますよとかトンチンカンなこと言ってたよね。ドラッグストアで働くなら正直、第1類医薬品の商品は把握してほしかったな。

買いに行くのめんどくさくなったのでアマゾンで買いました。

けっこー、安いよね。

1本6gで780円(税抜)というのがメーカー希望小売価格です。

片方の眉毛に塗るくらいなら1回0.1gで十分でしょう。1日2回ぬったとして1本で30日分です。

▼薬剤師の感覚的にこれで0.1gってとこです。

ミクロゲンパスタぬる

米粒1つ分だせば片まゆくらいなら十分にぬれます。育毛効果はソッコーで期待できるということはないので、2〜3ヵ月かけてじっくりと育てていきます。

ちなみに、ミクロゲンパスタを頭皮に塗ってハゲ治療を期待するのはダメ。

頭髪の場合は、男女に共通して、女性ホルモンの作用がメインで発毛が促進されます。その一方で、頭皮以外のまゆ毛やヒゲは男性ホルモンの働きが生育に影響しています。

なので、頭皮に男性ホルモンを塗っても効果は薄いです。頭皮には「リアップ」があるから、そっち使っときましょう。

まぁ、AGA治療を本気で考えるなら、ぼくだったらリアップ使うよりはAGAクリニックの門をたたきます。

AGA治療(フィナステリド・デュタステリド)

幸いなことに、ぼくの頭皮はいまのところ大丈夫なんですよね。AGA治療はお金かかるから、いまのところ必要ありません。

マユゲのためだけにAGA治療はコスパ悪いよね。

そもそもAGAの治療薬は、AGAの治療専用なのでマユゲ単独には使用できません。

やらないんだけど、一応コメントすると、AGA治療薬といえば「フィナステリド」もしくは「デュタステリド」ですね。

薬効は「5α還元酵素を阻害する」です。つまりテストステロンがジヒドロテストステロンになるのを抑制します。

このジヒドロテストステロンが男性型脱毛症の原因になると言われています。

ジヒドロテストステロンが増えたらダメで、元になってるテストステロンならいいんですよ。さて、マユゲの育成に必要なのは「テストステロン」です。

ミクロゲンパスタは2種類のテストステロンで育毛効果を期待しているわけだからね。

ジヒドロテストステロンを抑制して、相対的にテストステロンが増えたらマユゲにも効きそうな感じあるよね。

AGA治療(ミノキシジル)

日本で承認されているAGA治療の内服薬は「フィナステリド」と「デュタステリド」だけですが、海外では「ミノキシジル」という選択肢もあります。

「ミノキシジル」といえば「リアップ」ですが、海外ではコイツを内服します。ミノキシジルの内服薬は日本では承認されていないけど個人輸入したものをクリニックでだしてもらえることもあります。

こいつがなかなかスゴいことに、こんなニュースがあります。

外部リンク乳児ら17人に「おおかみ男症候群」 原因はなんと胃薬

胃薬だとおもって飲ませていたら、その胃薬の中身が「ミノキシジル」だったという恐ろしい事件です。それが原因で全身の体毛が濃くなってしまったということです。

ミノキシジル効果ヤバっと思った次第です。

眉毛が抜ける原因

生やせるなら、生やしたいけど、それよりも原因を知って抜けないように対策をとることも大切です。

ぼくの眉毛が片方しかない原因はあきらかなんです。

ストレスといいたいところなんだけど、それよりも圧倒的な要因としてあげられるのが「アトピー性皮膚炎」です。

あちこちかゆくて、とくに花粉シーズンになると目をこすってしまいます。そうすると、目だけじゃなくって眉毛もこすれてしまうから刺激で抜けちゃうんだよね。

「アトピー性皮膚炎」の重症例には、眉毛の脱毛はよくみれる症状の1つです。

まゆげ抜けてくるレベルに、目こすってると、眉毛よりも心配なのが「白内障・緑内障」なんだよね。

まゆげ気にするよりも先に、ぼくは眼科に行かなくてはいけない気がする。

まゆげを抜けないようにする対策

上記で紹介した「ミクロゲンパスタ」で育毛していくこともできるけど、ボクみたいにアトピー性皮膚炎が原因になっているような場合は、

「かゆみ対策」の方が大切です。つまり、生やすよりも抜けないようにする努力するべきなんです。

抜けさえしなければ、また生えてくるんだよ(希望)

塗り薬の治療

アトピー性皮膚炎の治療のメインはステロイドもしくはタクロリムスだね。

目の周りに使えるものは限られているから医師に処方してもらいましょう。

ボクの経験では、アトピーの場合は、まゆげが痒くなるわけではなくって、まぶたが痒くなるから擦ってしまいます。ついでに、まゆ毛にも手が当たるからこすれてハゲてしまう。

まゆげに手があたらないように、目をこすればいいと思うかもしれないけど、アトピーのやっかいなのは寝ているときにも無意識にかいてしまうことです。

無意識だから、範囲も大雑把になってくるのでしょう。

刺激がつづくと、だんだんと毛根がよわってきてしまうため、簡単ぬける弱いまつげになってしまいます。

痒みがでないように普段からスキンケアすることが大切。

アトピーの子供をもつ親にぜひ読んでほしい記事があります。よかったら読んでね。

点眼薬での治療

目のかゆみをとることで、あら不思議、まゆ毛も守られます。

タマコ
タマコ
花粉症がひどいと「まゆ毛」抜けるんだからね!!

かゆみにはアレルギー薬の点眼が効果的だけど、ステロイドの点眼も併用できると心強いね。

そして、目のかゆみがひどくて、まゆげが抜けちゃうレベルの人は、市販の点眼薬使うよりも眼科で見てもらった方が絶対いい。

それは、まゆげのためではありません。目を保護するため。

こすって脱毛するレベルなら、目の神経や網膜にも傷がついてしまっているおそれがある、また目のまわりにステロイド乱用していると眼圧上昇のリスクもあります。

重症アトピーの場合は、目のケアも視野に入れて眼科の受診をおすすめする。

そうそう、鼻炎があるならステロイドの点鼻薬の使用はおすすめです。点鼻すると地味に目のかゆみも楽になる。

外的要因の改善(ホコリの除去)

アトピーによるかゆみ治療で超大切なのが、アレルゲン(ホコリ)の除去です。

家のなかでまずやってほしいのが、ハウスダストの除去です。

空気清浄機とか気休めだから、まず何をすればいいのかというと、家のなかなか布類を徹底的に排除するのです。

アトピーにカーペットはマジで大敵だからね。アトピーで悩んでるのにカーペット使ってるのはマジでバカ。

ヤクタマ
ヤクタマ
空気清浄機はきやすめですから!!

寒ければタイルマットでも敷いて、マジでカーペットは除去したほうがいい。

古い布団や毛布を使ってるなら、買い替えた方がいいよ。マジで、全然ちがうから。

布団なんか買い替えたって大して高くないからね。我が家愛用のお布団セットはこれなんだけど、激安だけど大満足の品質です。

外的要因の改善(加湿)

冬場になると、空気が乾燥するから、だいたいアトピーは悪化します。それを防ぐために大切なのが室内の加湿です。

タオルを1枚干すだけで、加湿できるよーは「嘘」です。

ちゃんと加湿器をつかいましょう。ガンガン加湿しまくると、マジで肌の調子がよくなる。ただ社会人になると、自宅にいるよりも職場にいる時間の方が長い。

できることなら、職場から加湿しましょう。

ホントは、病原ウイルスがウヨウヨしている待合室にこそ加湿が必要なんだよね。私見だけど、待合室を加湿していない小児科・耳鼻科・内科は信用ならない。

ガンガン加湿している自宅にいると肌の調子がとてもいいので加湿効果は絶大です。

ぼくが使ってる加湿器はコチラです。

お値段リーズナブルで18畳までいけるから、強力に加湿してくれます。しかも、加湿器はそのままで上から注水できるから補充が楽ちんです。

3リットル入るからマックスにしておけば余裕で1日稼働できます。

コスパと出力を考えると、いい買い物だと思う。

まとめ

話がそれにそれてアトピー治療のお話になってしまいました。

生やす努力よりも抜けない努力が大切です。

「ミクロゲンパスタ」なかなかいいんだけど、ドラッグストアで手に入りづらいのが難点です。

6gチューブの他に30gチューブがあるって、長期に使う気があるなら30gのほうが圧倒的にコスパがいい。

ヤクタマ
ヤクタマ
頑張れオレ
【薬剤師限定】アマゾンギフトを3000円もらえるキャンペーン

3000円分m3ポイントGET無料」で使えて、3000円分のポイントがもらえるハイクオリティな医療系の情報サイトがあるから紹介しておきます。

そのサイトは「m3.com」です。

医療系ニュースをまとめて読めるので、毎日の情報収集が激的に効率化。

毎日のスキマ時間にスマホをチェックするだけで 新薬情報・業界の動向・臨床情報・調剤報酬改定の速報 など、幅広く医療に関連するネタを収集できます。

し・か・も、

いまだけ3000円分のAmazonギフトと交換できるポイントがもらえます。

▼公式サイトにマンガで詳しい紹介があります。

ようするに無料登録するだけで3000円の参考書が実質無料でゲットできるってコトです。

ニュース以外にも薬剤師コラムも充実してるから、ヒマつぶしに読むだけで勉強になる。

コラムで読んだ「薬局業務の効率化テクニック -今日から活かせる!業務ノウハウ-」これはマジで衝撃的だから、業務効率を改善したい薬局は必読の内容ですね。

▼詳細はキャンペーンページをチェックしてみて下さいな。

\無料登録で3000円分のギフト券GET/

m3キャンペーン詳細へ

薬剤師限定:2020年9月30日まで

3000円もらったら参考書代にしようぜ