効率化

【薬剤師が教える】10秒でわかる超簡単な力価の計算方法

こんにちはヤクタマです。

今回は薬剤師&調剤薬局事務は必見の「力価計算」の裏技を紹介します。

ヤクタマ
ヤクタマ
いまから10秒でわかるように解説するよ
力価の計算式①

力価 ÷ パーセントの数 ÷ 10 = 製剤量

力価を製剤量にしたいときは「パーセント」で割って、さらに「10」でわるだけ。以上。これで10秒です。

それでは練習問題です。以下の薬剤の力価(成分量)から製剤量を計算してくださいな。

ムコムコ50%:500mg

計算式500mg÷50÷10 = 1g

ムコソル1.5%:30mg

計算式30mg÷1.5÷10 = 2g

ムコムコシロップ5%:500mg

計算式500mg÷5÷10 = 10mL

できたよね?

この公式は散剤でもシロップでも共通して使うことができます。

これで処方箋に力価で書かれても一瞬で製剤量に変換することができます。

計算の理屈は要らないから「パーセントでわって、10でわる」という事実だけ覚えて帰って下さい。

ただね、この簡易計算式が使えるはパーセントが記載されているときだけ。パーセントが記載されていないと無力

「第いち式」が使えなかったときのために「第式」もあるから余裕がある人は覚えていってください。こっちは5秒でわかります。

力価の計算式②

力価 ÷ 濃度 = 製剤量

薬品名の横に書いてある数でわるだけです。「わる10」しなくていいから「第式」の方がシンプルです。

濃度というのは「パーセントのかわりに記載されている数字」のことです。「500mg/g」みたいに記載されますが、省略されて「500mg」だけのときもあります。

例のごとく練習問題でみていきましょう。

 フロモ小児用細粒100mg:200mg

計算式200mg÷100 = 2g

ムコソル細粒15mg/g:30mg

計算式30mg÷15 = 2g

ムコムコシロップ50mg/mL:500mg

計算式500mg÷50 = 10mL

できたよね?

こちらも散剤でもシロップでも共通して使うことができます。

もしパーセントが書いていなければ「書いている数でわる」だけというのが「第式」の真髄しんずいです。

まとめ

短い講義でしたがまとめます。

力価の計算式①

力価 ÷ パーセントの数 ÷ 10 = 製剤量

力価の計算式②

力価 ÷ 濃度 = 製剤量

「パーセント」が記載されていたら「パーセントわる10」で、「パーセント」の記載がなければ「そのまま、わる」だけです。

もし薬品名だけで数字の記載がなければ計算前にしらべる必要があります。レセコンに入力すれば規格がでるので、計算前に入力してしまいましょう。

調剤薬局事務の力価計算はこれだけ覚えれば十分ですが、薬剤師は力価計算に加えて体重換算も覚える必要があります。

超簡単な体重換算方法も紹介しているのでよければ別記事をご査収ください。

体重
新人薬剤師のための驚くほど簡単な小児容量の体重換算方法こんにちは、新人薬剤師のヤクタマのお勉強ブログです。 今回は、小児によく使用される医薬品の簡易的な体重換算方法を紹介します。 ...
【薬剤師限定】アマゾンギフトを3000円もらえるキャンペーン

3000円分m3ポイントGET無料」で使えて、3000円分のポイントがもらえるハイクオリティな医療系の情報サイトがあるから紹介しておきます。

そのサイトは「m3.com」です。

医療系ニュースをまとめて読めるので、毎日の情報収集が激的に効率化。

毎日のスキマ時間にスマホをチェックするだけで 新薬情報・業界の動向・臨床情報・調剤報酬改定の速報 など、幅広く医療に関連するネタを収集できます。

し・か・も、

いまだけ3000円分のAmazonギフトと交換できるポイントがもらえます。

▼公式サイトにマンガで詳しい紹介があります。

ようするに無料登録するだけで3000円の参考書が実質無料でゲットできるってコトです。

ニュース以外にも薬剤師コラムも充実してるから、ヒマつぶしに読むだけで勉強になる。

コラムで読んだ「薬局業務の効率化テクニック -今日から活かせる!業務ノウハウ-」これはマジで衝撃的だから、業務効率を改善したい薬局は必読の内容ですね。

▼詳細はキャンペーンページをチェックしてみて下さいな。

\無料登録で3000円分のギフト券GET/

m3キャンペーン詳細へ »

薬剤師限定:2020年11月30日まで

3000円もらったら参考書代にしようぜ