新人薬剤師の本

「薬トレ」で新人薬剤師から中級薬剤師にレベルアップ

薬トレ

こんにちは薬剤師のヤクタマです。

今回は、新人薬剤師を卒業するためのステップアップ書籍を紹介します。

オススメする書籍は「薬トレ ―薬剤師の臨床センスを磨くトレーニングブック―」です。

表紙に書いてある「薬剤師の臨床センスを磨く」ってとこがいいですよね。センスを磨いてキレッキレのツッコミを入れられる薬剤師になろうじゃないですか。

そのためのトレーニングブックです。

値段はちょっと高いけど、その分ボリュームもあるから勉強する覚悟があるなら、これは買ってソンはありません。

ぶっちゃけ情報量ヤバイです。

そういえば、

いつもチェックしている薬剤師のニュースサイトが、いまだけ無料登録するだけで3000円分のポイントもらえるキャンペーンやってます。7月31日までかなりオトク。

もらった3000円をamazonギフトにすれば参考書が購入できます。

ヤクトレがオススメな理由

効率化なんとこれ1冊で260症例ものケーススタディができちゃいます。日経DIクイズは約60症例で5000円だから1症例ごとの単価をみたら激安ですよ!!

ただ1症例単価を基準に比較してもしょうがないです。大事なのは中身なんだけど、もちろんそこもバッチリです。

薬トレは、とくに臨床検査値を読むのが苦手な薬剤師にはいいです。

ぼくなんか臨床検査値が全然よめないんで、これで勉強しようとおもっています。

この本の構成は、具体的な症例をベースに、いくつかの設問が設けられているので、その回答にそって、次ページで症例検討をします。

そこで最適な治療方針をガイドラインにそって紹介してくれます。

260症例ひたすらケーススタディです。

医師が治療薬を決定するまでのバックグラウンドがよくわかり、しかもガイドラインまで勉強できちゃうという”おまけ”つき。

薬局薬剤師が症例をバックグラウンドまでさぐるのってなかなかできることではない。そもそも薬局にくるケースって、もう病院で一通り治療が終わって、落ち着いてる状態できます。

それを根掘り葉掘り掘り下げるのは容易なことではありません。

つまり薬局薬剤師が症例検討するのってとっても大変です。患者さんに話を聞いて現場で学ぶだけでは症例数が圧倒的に足りないため、それでは成長は見込めません。

そんな遠回りしないで、手っ取り早くケーススタディできちゃうのがこの本です。

紹介されている症例数は、なっ、なんと260症例もあります。

症例ごとに検査値が具体的に記載されているため、検査値を調べながら自分なりに解釈していけば、いずれ検査値も読めるようになります。

検査値

どれも見たことある検査値ですね。いま検査値の具体的な利用方法が思い浮かばなくても、この本でトレーニングを積めば、かならず現場でも活かせるようになります。

本のボリューム感はこんな感じです。

ヤクトレ

見てわかるように鈍器と呼ばれる「実践薬学」と同じくらいのボリュームがあります。なんかねぇ「実践薬学」よりも硬度が高いです。たぶん攻撃力はこっちのほうが上です。

だって、実践薬学よりも若干薄いにもかかわらず、ページ数は120も多いんですよ。それだけ圧縮されて高密度に詰まってるんです。

てか1冊で573ページもあるのやばくない?読むのに1年かかるわ。

この写真に載っている書籍は全部オススメなんで、どれ買っても外さないです。

▼こっちの記事で紹介しているのでよかったらチェックしてください。

新人薬剤師の薬剤師の本
新人薬剤師の勉強にオススメの本【随時更新中】実際に買ってみてよかった薬剤師の本をたくさん紹介します。...

「薬トレ」を試し読みする

本どれだけオススメしたって中身を読まないことには納得出来ないと思います。

「百聞は一見にしかず」

試し読みしてください。ありがたいことに「南山堂」の書籍はネットでためし読みできるんです。

たったの3症例だけでも、読み応えがあったのではないでしょうか?

これが260症例もあります。

症例数が不十分という薬剤師に

ぼくは、これでお腹いっぱいなんだけど、まだ足りないという貪欲な薬剤師さんには、似たような書籍をもう1冊提案します。

ただ、これに関しては、ぼく自身購入していないので、興味はあるけど、おすすめ度は低い。

「コモンな50疾患・150題で実力がつく!」だそうです。

症例数は少ないけど50疾患だから幅広い分野をカバーしてくれています。

「薬トレ」アプリもあるよ

書籍の「薬トレ」とはまったくの別物なんだけど、薬剤師の勉強に使えるツールがあるから紹介しておきます。

「薬トレ」アプリはファルマスタッフていう薬剤師の転職会社リリースしてるスマホアプリです。アイフォンとアンドロイドのどっちもある。

アプリストアで「薬トレ」って検索すればでてくるからみてみて。

薬のことはかいてないんだけど、調剤報酬のルールについて詳しく学ぶことができます。調剤報酬のテキストにおいてはどこよりも優秀で無料なので試しにDLしてみるといいとおもう。

他にも薬剤師の勉強に使えるアプリを別記事で紹介しています。

薬剤師の勉強におすすめ無料アプリ10選こんにちはヤクタマです。 今回は、ぼくのスマホに入ってる薬剤師におすすめの無料アプリを紹介します。 業務中はパソコンをつかう...

薬剤師の勉強にオススメのサイト

薬剤師におすすめのお勉強サイトといえば「日経DI」と「m3.com」です。日経DIは有名すぎて誰でもしってますよね。

これに匹敵するレベルでオススメなのが「m3.com」です。これも専用のアプリをリリースして読みやすくなってるんだけど、ぶっちゃけアプリよりもウェブサイトの方が見やすい。

医療系ニュースと短いコラムが豊富だから通勤や昼休みなんかのスキマ時間に読むのにぴったりです。

医薬品の新発売情報もいち早くゲットできるから、みんなより一歩先を行けるね。

無料でつかえる情報サイトとしてはコレ以上のものはありません。

いまなら無料登録するだけでAmazonギフト3000円分相当のポイントがもらえるから、とりあえず登録だけしといて損はないです。

詳しくは▼

【薬剤師限定】アマゾンギフトを3000円もらえるキャンペーン

無料」で使えて、3000円分のポイントがもらえるハイクオリティな医療系の情報サイトがあるから紹介しちゃいます。

そのサイトが「m3.com」です。

医療系ニュースをまとめて読むことができて、毎日の情報収集がとにかく効率的になります。

毎日、スキマ時間にスマホでチェックするだけで 新薬情報・業界の動向・臨床情報・調剤報酬改定の速報 など、幅広く医療に関連するネタを収集できちゃう。

し・か・も、

いまだけ3000円分のAmazonギフトと交換できるポイントがもらえます。

▼公式サイトにマンガで詳しい紹介があります。

要するに無料登録するだけで3000円の参考書が実質無料でゲットできるってコトです。

ニュース以外にも薬剤師コラムも充実してるから、ヒマつぶしに読むだけで勉強にもなっちゃう。

コラムで読んだ「薬局業務の効率化テクニック -今日から活かせる!業務ノウハウ-」これはマジで衝撃的だから、業務効率を改善したい薬局は必読の内容ですね。

▼詳細はキャンペーンページをチェックしてみて下さいな。

\無料登録で3000円分のギフト券GET/

m3キャンペーン詳細へ

薬剤師限定:2020年7月31日まで

3000円もらったら参考書代にしようぜ